このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Hi-STANDARD COVER SINGLE [ Vintage & New,Gift Shits ] リリース特設サイト

Hi-STANDARD [ Another Starting Line ] リリース特設サイト / Pizza Of Death Records

guitar

No.17 Navigator N-LP-320CTM

name: Skate

Navigator の黒レスポール・カスタム・タイプ、ハイスタの Growing Up から Angry Fist 期に大活躍したギターです。
ずーっと黒カスタムを略して「黒カス」って呼んでたんですけど、今回良い機会なので名前をつけました。BBQ CHICKENS のオムニバス「Japanese Katana」のレコーディングに持ってたんですけど、その時に ISO ちゃんがこいつを見ながら半笑いで「なんか…ギターってより…スケボーの板って感じっすね」って言ったんで、「スケート」という名前になりました(猛爆)
黒いレスポール・カスタムは、その美しさから本来「ブラックビューティー」と形容されたりしますが…こいつはちょっとノリが違うのはパッと見てご理解いただけるでしょうw パーツも変わった色のものを使ってますし、なにしろステッカーがwww

シリアルナンバーは16044880…なのかな?w ちょっとつぶれ気味で読めませんけど、まぁそんなところです。ペグがシュパーゼルのロック式になってますね。

すごく印象的なのが(あちこち印象的ですがw)、グリーンのリア・ボリューム・ノブですね。これは96年だったかなぁ?97年だったかなぁ?ヨーロッパツアーしている時に、オーストリアのウィーンの楽器屋さんにふらりと立ち寄った時に発見、購入したんです。よーくみてください…普通10までしか記されていない数字が11まで記されているでしょう!?つまりオレは、音楽の都ウィーンに、「お前は世界一大きな音を出してもいいよ」とお墨付きをもらったんですねー!www数字がただ11までかいてあるだけですけどね(猛爆)
このノブはディマジオ製で、一時期いろんな色や、こいつみたいに11まで数字が入っているものを製造してたっぽいんですけどね、今探そうと思ってもなかなか見つかりません…。しかしボリューム11って、なかなか粋じゃないですか?

あと写真撮ってて気になったのは、ボディーのバインディング部分にやたらとテープの残骸みたいなものがついているんですが、これが…なんだか分かんないんですよw「なにがブラックビューティーじゃ!」ってくらい汚いですよねw まぁいいんですけど。しかし汚いですよねw まぁいいんですけど。しかし汚(以下無限ループ)
気がついたんですけど、バインディングがトップは7層なんですけど、ボディーバックとヘッドは5層なんですね。おもしろいですね。

ステッカーにもね、時代を感じます。90年代のパンク/スケートシーンを象徴するかのようなバンドやブランドのものがこれでもか!ってくらい貼ってありますね。そりゃ ISO ちゃんもスケボーの板だって言うでしょうw
トップに貼ってあるステッカー、実に90年代感満載ですw 「Skull Skates」は「Mada In CANADA」の文字通り、カナダのスケートブランドです。NOFX のツアークルーにカナダ人の Limo さんという人がいまして、彼にもらった記憶があります。むかしコラムにも書いたことがありますけど、ボクこう見えて北米大陸を車で横断したことあるんですけど(キリッ、それがまさしくカナダだったんですね。東はケベックやモントリオールから西はバンクーバーやビクトリアまで…このギターを見るといつもその頃の思い出がよみがえってきます。
VANS のステッカーには「WARPED TOUR ’96」の文字も。あれ?ハイスタが WARPED TOUR に出たのは97年じゃなかったかなぁ(汗)?もう20年前のことなんで、だいぶ分かんなくなってきてます…。
他にも NOFX、No Use For A Name、Strung Out、Fat Wreck Chords、スケートブランドの Think、Sessions、サーフブランドの SRH…極初期のハイスタのステッカーや、なんと Super Stupid の文字も確認できます。Air Jam は…これは Air Jam ’98 の時に作ったステッカーですかねぇ。

さぁ木材ですが!ボディーはオールマホガニーです。なのでカスタム然としたジャキーンとした音が出ます。Angry Fist 期はそんなにシャキッとしたイメージなかったんですけどね、先述の Japanese katana のレコーディングで出してみたら、もうばっちりカスタムな音がしてましたよ。あのアルバムのどこかでは使ってますw すごくカッコいい、「ロックな音」がしてますよ。
ちなみに Angry Fist はほとんどこいつで録ったんですけど、全くこいつの良いところは発揮できてませんwww こいつである必要なかったってくらい、なんだかわかんない正体不明な音がしてます(猛爆)まぁそれも良い経験です。
ちなみに Growing Up のレコーディングにもこいつ持ってってますが、使った記憶がありません(猛爆)まぁそれも良い経験です。

実は昔はこいつの音、あんまり好きじゃなかったんですよ。好きじゃなかったというか…捉えどころがなくて難しいイメージでしたね。太さはあるけど、ジャキーンとした部分があまりなく、ジャキーンとしたところを出そうとすると音が全体的に暴れてしまう、そうだそうだ、すごく「暴れる」イメージでした。サウンドメイクに手こずって、何度もリハで悩んだ記憶があります。それで結局音に締りのあるメイプルトップに流れていったんだと思うんですが…今こいつを弾くと、当時はなかったジャキーンがすごくある!これはまさに経年変化なのか…当時こいつの良いところを引き出せる力というか耳がオレになかったのか…両方とも要因としてはあるんでしょうね。
今はすごく良い音してますよ。

ホント、こいつは語っても語りきれないエピソードがたくさんあります。
なのでそのへんのことを ESP のタンショウ君にインタビューしてみました!それでは。せーの!「タンショウくーん!教えてーーー!(リバーブ深めでお願いします)」

Q: 出来上がったのはいつ?
A: 1994年4月16日です。

Q: 横山の手元に来たのはいつ?
A: 1995年の夏前かと。

Q: ピックアップの変遷、現在搭載しているピックアップを教えてください。
A: 一番最初はフロント/リアともにESP LH-200で、途中でダンカンのフロント APH-1、リア SH-4にしました。

Q: ブリッジ、テイルピースがピカピカでしたが、これは最近メンテをお願いした時に交換したんでしたっけ(汗)??
A: 交換しました!

Q: なにか印象的なエピソードがあったら教えてくださーい。
A: もともと N-LP のゴールドトップのサブとして渡したんですが、その後オールマホの音の太さからメインに。そのころ使っていたメサブギーのキャビのスピーカーがその音の太さを再生せず、4つともエレクトロボイスのスピーカーに交換しました。
この頃の健くんのネックの好みは薄いタイプで、ハニーが来るまでこのギターのネックの握りを参考にオ-ダーしていました。
今はトグルスウィッチに戻しましたが、その当時どうしても演奏中にスウィッチを触れてしまうということで、丸い裏パネルにムスタングみたいなスウィッチを付けてライブでは触れなくてレコーディングでは使える感じにしてました。
僕がトグルスウィッチの穴が気になりホコリが入ったりしたら嫌だなと思い、当時の健くんの道具箱に STORMY のステッカーが入っていて貼ってみました。その後、ESP の店などにキッズから問い合わせが殺到して楽器屋で STORMY のステッカーを売るという珍事に。
ちなみにリアの黄色い SH-4 も実は店で売れ残ってしまっていたものなんです。それを健くんもこんな感じのギターにするの嫌いじゃないだろうと思い、勝手に付けちゃいました。これもまたキッズから問い合わせが多く、「余り物」から何年もの間「隠れたヒット商品」になりました。
なんですか、このエピソード達…ネタの宝庫じゃないですか…。
そうなんですよ、黄色いピックアップがこいつのせいで流行ったらしくwww流行ったとは言っても局地的なものでしょうけど、でもなかなかの影響力ですよね?あー、エスカッションも赤にしてた時期があったなぁ。黒いギターに、黄色いピックアップと赤いエスカッション…一言で言うとキチガイですね(猛爆)
さらに強烈なのは STORMY のステッカーですよねw STORMY というのは、当時ボクがよく遊びに行ってたスケートショップです。つまり、タンショウ君の説明の繰り返しになっちゃいますけど…「楽器屋さんがスケートショップのステッカーを売る、という珍事を招いた」と…。そうですよね、これってなかなかの珍事ですね(猛爆)

そうそう、タンショウ君への質問の中にもでてきますが、Japanese katana のレコーディングで久しぶりになんとなく使ってみたらかなり良かったので、今後もまた使えるようにと本格的にメンテしてもらったんです。その時にトグルスウィッチも復活してもらいました。裏のパネルにピックアップセレクト用のスウィッチをつけてた時期もあれば、ボリュームをプッシュ/プルできるポットに変えて、それでピックアップをセレクトできる仕様にしてもらってた時期もあります。

Ken Band で使うのもおもしろいかもなぁと思ってますが、いまはミナミちゃんが Navigator の黒カスタム・タイプを使ってるんですよねぇ(ちなみにミナミちゃんのは3ハムです)。黒カスタムが2本っちゅーのもあまり意味がないので…やっぱりしばらくは表舞台に登場することはないのかなぁ?

でもこいつはまたタイミングが合えば、人前で弾きたいですね。「きっかけ待ち」です!

2015/11/4

No.17 Navigator N-LP-320CTM / name:Skate
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM
  • No.17 Navigator N-LP-320CTM