このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Hi-STANDARD COVER SINGLE [ Vintage & New,Gift Shits ] リリース特設サイト

Hi-STANDARD [ Another Starting Line ] リリース特設サイト / Pizza Of Death Records

guitar

No.11 ESP 助六

name: Tigger

たぶんこいつはライブで弾いたことないんじゃないでしょうか?助六12号機「Tigger(ティガー)」です!「タイガー」じゃなくて「ティガー」です。なんでそこにこだわりを持つかというと…オレ「くまのプーさん」が大好きだからです(猛爆)なんでプーさんが好きか?オレこれを話し始めると、一晩は軽く話しますよwww どれくらいプーさんが好きかっちゅーと、プーさんの刺青入れてるくらいですからねwww しかも自分で描いたプーさんwwwww います、そんな人?ww あなたの周りにwww 「オレ、自分で描いたくまのプーさん、刺青入れてんでぇ」って人?wwwww「Kellogg」のところで「トチ狂ってる」と書きましたけどね、このティガーもかなりキテると思いますww なかなかのトチ狂い具合ですよねwww でもやはりww 一番トチ狂ってるのはwww 他ならぬ横山健本人なんじゃないかとwwwwww

御察しの事と思いますが、本機は Kellogg と同時に出来上がってきたものです。なぜあまり使う機会がなかったか説明しますと…レコーディングに備えて、いつもと違うピックアップを最初に搭載したからなんです。
オレがいつも助六に搭載しているピックアップは Seymour Duncan の SH-4、通称「JB」です。こいつには、もう少しだけブライトでカラッとしたトーンを求めて SH-12 を載せてもらったんです。かなり違いましたよ、やっぱり。歪みが細かくなるけど、その分音の分厚さも減る、といった印象でしょうか。だからあまり登場する場面はなかったものの、強烈に覚えてるのは「『Save Us』でこいつを弾いた」っていうことです。あぁいうスピード感のある曲、BPM も速くてやることも細かい、なんて時には SH-12 の方がしっくり来たんでしょうね。
でもやっぱりバンドと一緒に出すと、結構ジャージャーいってうるさい感じもする。なのでツアーに備えて、レコーディング後に JB に交換したんです(現在も JB 搭載中)。

なのになんでライブで使われなかったか…それはやっぱりこれ以上日本を分断したくない、させてたまるかっていう心理が働いたんでしょうね。ただでさえ震災直後の様々な事象で、それまで仲良かった人と急に意見が合わなくなった、疎遠になった、敵になってしまった…そんな悲しい出来事をたくさん目の当たりにしてきました。いいんです、意見が違ったっていいんです。意見をぶつけ合わせればいいんです。オレはそう思うんです。でも、世の中そんなに強い人ばかりじゃない。意見をぶつけ合わす、その行為そのものが怖い人だっているんです。オレはステージ上で、誰にどう思われようと思ったことを言います。オレには「これ以上分断されてたまるか」という思いがある、しかしオレが放った言葉が分断を生む、そういう愚かさを持っていることも自覚しています。それでもオレは、それをやっていきたい!そんな中で!ただでさえ分断を生みやすい状況の中で!なにもオレが巨人ファンと阪神ファンの対立を煽るようなことをしなくても(ry

まぁいろいろありまして、写真を見てもらってもわかり通り、ほぼ使用感はありません。一箇所大きな打痕が確認できるくらいですかねぇ?ペグやブリッジ、テイルピースなどのハードウェア部分も新品…とまではいきませんけど、かなりキレイです。さてこいつのシリアルナンバーは?T1215210 ですか…。もしかしたらこいつの方が Kellogg よりも先に組みあがったのかもしれないですね…そう考えると、こいつが11号機であいつが12号機!?もう皆さん、どうでも良くなってきちゃってませんか?(猛爆)そういえば9号機と10号機が抜けてるの、ご存知でした?ちゃーんとあるんですよ!人前に持って出たことがないギター達なんですけどね、そのうちここで紹介するので楽しみにしててください!実を言うと、13号機もあります!あれ、皆さんどうでも良くなって(ry

ヘッドの写真を見てもらえると分かる通り、弦を切らずにそのままにしてあります。オレ、ズーッとそうだったんです。昔っから切らなかった。ハイスタでライブ中、ジャンプして自分の目に突き刺さって大怪我寸前になったこともありました。でも切らなかった。レコーディングの時は、弦が揺れる独特の音が録れちゃうと良くないんで切ってましたけど、ライブでは関係ないっしょ?と思って切ってませんでした。理由は特にないんです。別に切るのがめんどくさいわけでもなかったし、ダーッと伸ばしとくのがカッコいいと思ってたわけでもないんです。なーんとなく切らなかったんですw そしたらツイッターの「ギタリストあるある」みたいなのに「張った弦の先を切らずにそのままにしておくギタリストは、長渕剛か横山健ファン」みたいなことが書いてあってwww 「へぇ、そういうのって案外シンボリックに受け止められたりすんのねぇ」と興味深く感じているくらいです。
そして、最近!バッチリ切ってます!(猛爆)なぜかというと…Best Wishes リリース以降、ライブでお客さんの方に突っ込んでいくことが多くなり…ホント言うと、別にお客さんの方に突っ込みたいわけじゃないんですけどねw とにかくギターテックやローディーからしたら、以前よりもサッパリ予測不能な動きをするようになってしまったんですw それである日を境にギターテックのミツルに「お客さんが危ないですから、もう今日から切りますよ(オコ)!」って言われて、それに同意せざるを得ませんでした…。

2015/5

No.11 ESP 助六 / name:Tigger
  • No.11 ESP 助六
  • No.11 ESP 助六
  • No.11 ESP 助六
  • No.11 ESP 助六
  • No.11 ESP 助六
  • No.11 ESP 助六