このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Hi-STANDARD COVER SINGLE [ Vintage & New,Gift Shits ] リリース特設サイト

Hi-STANDARD [ Another Starting Line ] リリース特設サイト / Pizza Of Death Records

guitar

No6. ESP 助六

name: Metallica

こいつが2号機、Metallica です。1号機 Oil の出来がすごく良かったので、ソッコーでバックアップとして作ってもらいました。だから Oil が出来てから…1年後くらいなのかなぁ?2004年〜05年頃ってことになんのかな?まぁそしたらこの写真を撮った段階でちょうど10才!10才とは思えない貫禄あるルックスしてますよねぇ…(猛爆)

色以外全て Oil と一緒です。でもねぇ、こいつの方が少しだけ音が強いんですよねぇ。
Oil とペアになって動くことが多かったはずなんですけど、実はあまり自分でもこいつを弾いてる写真とか見たことないんですよね。でも写真を見てもらえれば分かる通り、弾き込まれ具合はこっちの方が断然上ですよね。もともと「オイルフィニッシュ」の特性で、ちょっとくすんだような色してましたけど、10年前はもっとはっきりとした黒だったんですよ。でも弾き込まれ、経年変化もあるでしょう、だいぶ淡い感じの黒になってきましたね!塗装が抜けてきたところに、今度は汚れだの打痕だのがついて、だいぶ「音が出る家具」感が出てきてると思います(猛爆)

実は使ってたんです、ずっと。そう、BBQ CHICKENS で(猛爆)こいつ BBQ CHICKENS のメインギターなんです!(猛爆)BBQ では Oil もいいんですけどね、どうしてもちょっと音の張りが強いこいつを手に取ることが多いです。そんであんなメチャクチャなライブやってたら、そりゃギターもボロボロにもなりますって!ww
これは Oil と Metallica、つまり「オイルフィニッシュ」に言えることなんですけど、その後のラッカー塗装による Cherry や Iguana に比べて、音の重心が低い、ちょっとヘヴィーな鳴りがするんですね。それで Ken Band からは徐々に外れていったけど、なんと BBQ という居場所があったとは(猛爆)アルバムもこいつで録ってますからねぇ!www
あ、だからこいつの勇姿は BBQ CHICKENS のライブDVD「Official Bootleg」で拝むことができます(まぁステージ上人だらけでほとんどギターなんて見えませんけどねw)。

それでこいつメイプルトップを見てもらいたいんですけど、黒に隠れてるのでステージなんかで見てもあまり見えないけど、こう見るとかなりの杢が確認できますね。すごく細い杢のところは「ピンストライプ」とも「カーリーフレイム」とも言える…でも右サイドのホーンのあたりなんて結構「ワイルドフレイム」とも言えるような…なんでもいいけど「バリ虎」ってやつですね。かなりハンサムだと思うんです、実は。地味なはずなのに、よく見たら凄い、みたいな…。例えるなら…隠れ巨乳?ゴメンなさい、あー、どうしてこういう例えしちゃうんだろう…。ハンサムだっていうくらいだから男に例えなきゃですよね、…じゃあ、…隠れ巨根?顔じゃねぇじゃん!あとこいつの経年変化とか見ると連想してしまうのが、「女性芸能人の過去と現在」みたいなのあるでしょ?あれ連想しちゃうんですよねー!若くしてテレビに出てきてすごく輝いてたのが、現在30代になった写真、「どうしてこうなった?」みたいの、あるでしょ?だからね、形っていうのは崩れていくんですよ!それが美と受け止められるか、笑と受け止められるか、その程度の差でしかないって言ってんですよ!…あれれー、おっかしいなぁ!どうしてこういう怒られちゃうようなこと言っちゃうんだろー!

まぁそうやって、助六の最初の2本は「オイルフィニッシュ」というかなりの特徴を持って誕生したんですけれども、「ラッカー塗装でもやってみね?」ってなって Cherry とかに進んだんだと思います。そして…強烈に主張している指板の陰陽と不動明王の梵字も、せっかくなんで変えましょうと、普通のポジションマークへと変わっていったわけです(猛爆)
ちなみにオイルフィニッシュは、手間もコストも相当かかるんです。それよりも…ボジションマークの加工の方がよっぽど大変なのかな?(猛爆)そんなこんなのコストの関係もあり、製品化はできませんでした、悪しからず。

最後に…まぁもちろん名前の由来は、「黒だから METALLICA」なんですけどね、こいつのハードケースに堂々と「Ken Metallica」って手書きで書いてあるわけですよ。なんか…まるでメタリカのメンバーになったかのような(猛爆)ギャグとしてちょっとおもしろいっちゅーか、ねぇ?だって練習スタジオとかに「Ken Metallica」って書かれたギターケースを持って参上してですよ?若い子が「あ、あの人、Ken Yokoyama じゃない?」とかコソコソ話するわけですよ。でも「なんか、ギターケースに Metallica って書いてない?…Metallica なの、Ken って?」とかなるわけですよ?(猛爆)なんか夢があるっちゅーかねwwwでも怖いのは「…なんだあの人、結構年いってそうなのにギターなんか持って…プロ?いや知らないなぁ。そんでギターケースに Ken Metallica って書いてあっけど…なんだただのキチガイか」って思われるパターンです。いや、まぁ別に怖くないですけどw

2015.2

No6. ESP 助六 / name:Metallica
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六
  • No6. ESP 助六