このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Hi-STANDARD COVER SINGLE [ Vintage & New,Gift Shits ] リリース特設サイト

Hi-STANDARD [ Another Starting Line ] リリース特設サイト / Pizza Of Death Records

guitar

No5. ESP 助六

name: Oil

これが助六の1号機でございます。ESP と「横山健オリジナルモデルを作ろう!」という話になり、何年かかけてアイデアを練り、できあがってきたのがこいつです。形状、使用木材、ハードウェア等、助六シリーズに採用されているものはすでにこいつが持ってました。
ただ2点、違う点があります。ネックのインレイと、ボディフィニッシュです。

出来上がってきたのは恐らく2003年の終わりの頃だったと思います。ESP の人が、「例のオリジナルモデル、組み上がったよ!」と連絡をくれました。一刻も早く音を出してみたいオレ、「持ってきて!」と頼みました。でもまだこの段階では、塗装がされていなかったんです。でも、無理やり配線等をしてもらい「試し弾きってことで!」みたいな感じで、生地のままのこいつを練習スタジオに持ってきてもらったんです。そしたらすごく音が良くって!塗装が音に影響するってことがよくあります。ブ厚い塗装をすると、木そのものの振動を妨げてしまって、鳴りが悪くなるなんて話をよく聞きます。「この音の良さって…もしかしたら塗装してないからっちゅーのもあるんじゃないの?塗装なしでいいじゃん!」、ノリノリのオレはそう言ったんですが、ESPは「それはダメ」とのこと…。

実はギターにとって塗装はとても重要です。そのギターの顔となるべく「色」をつける、めちゃめちゃ大事ですよね?個性的なペイントなんかしてもらうと、それこそギタリストのトレードマークにもなり得ますし。それと同時に、塗装は「ギターを守ってくれる役割」もあるんです。塗装されていない、つまり「生地のままのギター」は…実はそんなギター見たことないんですけど、恐らくあったとしても、実用性に欠けると思います。少なくともツアーバンドでは使えないでしょうね。例えるなら…洋服を着てない赤ちゃん?あ、ごめんなさい、ちょっと事件性のある例えだったかもしれないですね…、ダメだなぁ、こんな人を不快にさせるような例え話をしちゃぁ…、じゃあ、女性がライブハウスで上半身裸?あ、なんかもっと不快かもしれないですね、ごめんなさい。まぁ塗装しないということは、それくらい無防備だということなんです。

オッケーわかりました、じゃあ塗装はするとしましょう。でもこの鳴りが変わってしまうのは惜しい…。ギターの塗装というものは、基本はラッカーであったり、ウレタンであったり、そういった塗料を吹き付ける。そういうもの以外の、極めて薄い、薄いというか生地のままに近い、音に影響を与えなさそうな塗装をして下さい、とリクエストしたところ、ESP が施してくれたのが「オイルフィニッシュ」なんです。オイルフィニッシュとは…「植物油を主体とした塗料で、木材に浸透して内部に塗膜を作り、木材表面には塗膜をつくらない仕上げ」だそうです。気づきました?だからこいつの名前は「Oil」なんですw

オイルフィニッシュを理解していただいたところで、もう一つのこいつの特徴であるネックインレイ。12フレットに陰陽(インヤン)、他のフレットには不動明王を表す梵字(ぼんじ)が配されています。これ両方とも自分の体に彫ってある刺青から由来するものです。カッコいい…実にカッコいいですね。カッコよすぎてちょっと引きますね。まぁね、自分のオリジナルモデルを作るってことで、「どっか猛烈に自分なところを入れ込まないと!」って思ったんでしょうね、当時は。今見ると若干の「やりすぎた感」はあります。

結局、無事に塗装されてオレの手元に来たのが、2004年の春。正しく Ken Band を結成して、初ライブを迎える直前でした。運良くタイミングが合って、Ken Band の最初のライブで弾けたんです。それからしばらく…Cherry とか Iguana とかが登場するまで、こいつがメインでした。「よっしゃこれからいったるどー!」という気持ちを持って挑んだ場面、結構いろんな大事な場面でこいつをぶら下げてた気がします。

肝心の音は…それこそオイルフィニッシュの効果というか、見た目通りというか、でっかい家具みたいな太い音がします(猛爆)他のギターにはない、独特の太さを持ったミッドローって感じですかねぇ?

あと自慢は…トップに貼ってある「三代目 彫よし」のステッカーですかね!これは三代目ご本人からいただいたものなんです!「ギターじゃないじゃん!」って感じですけどwでも1999年の三代目のステッカーですよ?これはなかなかないと思いますよ!三代目のステッカー自体あまり見たことないですからねぇ…。そんな貴重なものをもったいない…って思うでしょ?でもこれが剥がれても、あと2枚くらい持ってっからw

あとね、自分が弾いてる時に一番見える位置に貼ってある「喧嘩上等」のステッカーですかね。どうやらそういうつもりだったようです。2004年当時はw

2015.2

No5. ESP 助六 / name:Oil
  • No5. ESP 助六
  • No5. ESP 助六
  • No5. ESP 助六
  • No5. ESP 助六
  • No5. ESP 助六
  • No5. ESP 助六