このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

MESSAGE

2016年3月10日、8年2ヶ月振りに武道館のステージに立ちます。
長い間待ち望んでいた、Ken Yokoyama 武道館再び。
「DEAD AT BUDOKAN Returns」と名付けました。

近年フェスなどで大きな舞台を踏ませてもらうことは多々あります。
しかし自分達で舞台を一から作って立つのは、2010年の DEAD AT BAYAREA 以来です。
実はその2010年に思ったことがあります。
「きっとこれが最後の大舞台だ」
もう自分には、自分のために大きな舞台を作るエネルギーも力も残らないだろうって思ったんです。
本気でそう思っていました。

その一方「武道館にはいつか戻りたいなぁ…」というのは感じていて、いろんなタイミングがうまく重なるのを待っていました。
二度と来ないかもしれないけど、待っていました。
タイミングは来てもエネルギーはないかもしれない、そう思いつつも待っていました。

まだ今ならエネルギーはある、執念っちゅーエネルギーです。

今回、再び武道館に戻れることになって、言葉以上に嬉しさを感じていますが、「I Won’t Turn Off My Radio」の歌詞にある通り、だいぶ遠くまで来てボロボロになった自分を実感してます。

恐らくオレがなにを言いたいか、もう皆さんに察していただけたと思います。

できれば多くの方に、都合をつけて観に来てもらいたいです。

横山健